ただテンポを合わせるという段階を通り越して、音色や強弱に気が回るメンバーも出てきました。ケセラの音楽には未知なる可能性がたくさんあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です