11月11日(日)

池田町に引き続き、ポッキー,プリッツの日もコンサートに行ってきました🎶

信州なずなの会の皆さんにお招き頂き、松本筑摩野伝道所にて演奏させて頂きました。

ケセラメンバーも礼拝から参加させて頂きお話を聞かせてもらったところ、、、

私たちがよく演奏している『幸せなら手を叩こう』のエピソードを聞くことができました。

作詞者の木村利人さんがフィリピンにワークキャンプで訪れた時の体験と、現地の子供たちが歌っていたスペイン民謡のメロディに

旧約聖書の『全ての民よ、手を打ち鳴らせ』という一説を詩にのせたものなんだそうです。

坂本九さんが歌ったことで有名になった曲ですが、このお話を聞けてとてもいい機会を頂きました。

 

そして偶然にも!ケセラの演奏プログラムにも『幸せなら手を叩こう』が🎶

讃美歌での合唱もありましたが、私たちの演奏でも歌ってくださり私たちの演奏を盛り上げて頂きました😄

楽団の演奏に引き続き、ケセラの西村理事長より私たちケセラのお話もあり、綺麗に晴れた青空の週末に素敵な時間を過ごさせて頂きました🎶

なずなの会のみなさん、ありがとうございました(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です